晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

懐かしのカメラ。デュアルレンズカメラ「Kodak EasyShare V570」

先日、このブログの「HUAWEI P20 Pro 発表。トリプルレンズカメラ。」の記事の中で複数レンズのデジカメ専用機が欲しいと書いた。その件で、価格.comデジタルカメラなんでも掲示板に、そういった旨を書いたら、10年程前にそういったカメラは既にあったと教えていただき、それが何と私が昔使ったことのある「Kodak EasyShare V570」だった。2006年ごろ購入したと思われる。完璧に記憶の彼方に行っていた。

早速、押入れの発掘作業を行った。無事発掘できて、充電したら電源も入った。

サイズは小さい。101x49.8x20.4mm。重量125g。デザインは結構スタイリッシュ。

レンズ構成は以下。この当時、コンデジでこんなに広角の写真が撮れるカメラはなかったと思う。今考えても使えそうな構成。

  • 23mm F2.8 (最短撮影距離80cmのパンフォーカス) 
  • 39~117mm F3.9-4.4

有効画素数5Mで、撮影した写真を見ると2560×1920。個人的には、このくらいでも十分。

実際に撮影してみた。

電源ONでレンズカバーがスライド式に開く。レンズは飛び出したりはしない。最初は23mmの状態。

撮影時の書き込みは流石に遅い。広角・望遠ボタンを望遠側に押すと、39mmになる。更に望遠側に押すとズームレンズのズームが始まって117mmまで行く。ズーム速度は遅い。屈曲式らしいが、表から見るとレンズが動いているのが見える。

裏面のジョイスティックの操作性が面白い。結構使いやすい。

実際に撮影した写真は以下。順番に23mm、39mm、117mm。今見ても十分合格点レベルの画質に見える。(アップした写真は縮小+鮮鋭化しているので、オリジナルの画質そのものではない。)

10年以上前のカメラだが、それなりに高機能。パノラマモードなんかもある。結構面白いカメラだったけど、新しいカメラを買ってからあまり使わなくなって、押入れにしまい込まれたままになっていた。

また、使ってみるのも面白いかも。

Kodakのこの設計思想やHUAWEI P20 Proの最新技術を使って、こういったカメラ、どこかで作ってくれないかなあ。

f:id:art2nd:20180331162629j:plain

f:id:art2nd:20180331162649j:plain

f:id:art2nd:20180331162656j:plain

f:id:art2nd:20180331162704j:plain

f:id:art2nd:20180331162710j:plain

f:id:art2nd:20180331162738j:plain

f:id:art2nd:20180331162746j:plain

f:id:art2nd:20180331162752j:plain