晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

精度が高いと評判の機械翻訳「DeepL翻訳」を「みらい翻訳」「Google翻訳」と比較してみた。

以前、Google翻訳より精度が高いと評判の「みらい翻訳」を試した。

「DeepL翻訳」の翻訳精度が高いと評判のようなので、3つの機械翻訳を比較してみた。

原文は、Wikipediaの「Introduction to viruses」の前半。

Wikipedia原文≫

A virus is a tiny infectious agent that reproduces inside the cells of living hosts. When infected, the host cell is forced to rapidly produce thousands of identical copies of the original virus. Unlike most living things, viruses do not have cells that divide; new viruses assemble in the infected host cell. But unlike simpler infectious agents like prions, they contain genes, which allow them to mutate and evolve. Over 4,800 species of viruses have been discovered.

Their origin is unclear: some may have evolved from plasmids?pieces of DNA that can move between cells?while others may have evolved from bacteria. A virus consists of two or three parts: genes, made from either DNA or RNA, long molecules that carry genetic information; a protein coat that protects the genes; and in some viruses, an envelope of fat that surrounds the protein coat (which makes them vulnerable to soap) and is used, in combination with specific receptors, to enter a new host cell. Viruses vary in shape from the simple helical and icosahedral to more complex structures. Viruses range in size from 20 to 300 nanometres; it would take 33,000 to 500,000 of them, side by side, to stretch to 1 centimetre (0.4 in).

≪DeepL翻訳≫

ウイルスは、生きている宿主の細胞内で繁殖する小さな感染剤です。感染すると、宿主細胞は、元のウイルスの何千もの同一のコピーを急速に生産することを余儀なくされます。ほとんどの生物とは異なり、ウイルスは分裂する細胞を持たず、感染した宿主細胞内で新しいウイルスが集合します。しかし、プリオンのような単純な感染剤とは異なり、ウイルスには遺伝子が含まれているため、ウイルスは突然変異して進化することができます。これまでに4,800種以上のウイルスが発見されています。

その起源は明らかになっていません:いくつかは、細菌から進化した可能性がある一方で、プラスミド(細胞間を移動することができるDNAの断片)から進化した可能性があります。ウイルスは、2つまたは3つの部分から構成されています:遺伝子、DNAまたはRNAのいずれかから作られた遺伝子、遺伝情報を運ぶ長い分子、遺伝子を保護するタンパク質のコート、およびいくつかのウイルスでは、タンパク質のコートを取り囲む脂肪のエンベロープ(これは、石鹸に脆弱になります)と新しい宿主細胞を入力するために、特定の受容体と組み合わせて、使用されています。ウイルスの形状は、単純ならせん状や正20面体のものから、より複雑な構造のものまで様々です。ウイルスの大きさは20~300ナノメートルで、1センチ(0.4インチ)まで伸びるには、3万3000~50万個のウイルスを横に並べる必要があります。

≪みらい翻訳≫

ウイルスは生きている宿主の細胞内で増殖する小さな感染因子である。感染すると、宿主細胞は元のウイルスと同じものを何千コピーも急速につくらなければなりません。ほとんどの生物とは異なり、ウイルスは分裂する細胞をもたない;新しいウイルスが感染した宿主細胞に集まる。しかし、プリオンのような単純な感染因子とは異なり、プリオンには遺伝子が含まれており、これが変異や進化を可能にしている。4,800種以上のウイルスが発見されている。

その起源ははっきりしていない。プラスミドから進化したものもあるのだろうか。細胞間を移動できるDNAの断片があるのでしょうか?細菌から進化したものもあります。ウイルスは2つか3つの部分から成り立っている。DNAかRNAのどちらかでできた遺伝子、遺伝情報を運ぶ長い分子;遺伝子を保護するタンパク質の外被;またある種のウイルスでは、タンパク質の外被(石けんに弱いので)を取り囲み、特定の受容体と結合して新しい宿主細胞に侵入するのに使われる脂肪の外被。ウイルスの形は単純ならせん構造や二十面体構造から複雑な構造までさまざまである。ウイルスの大きさは20から300ナノメートルである;1センチ(0.4インチ)に伸びるのに33,000から50万個並んでいなければならない。

Google翻訳

ウイルスは、生きている宿主の細胞内で複製する小さな感染因子です。感染すると、宿主細胞は元のウイルスの何千もの同一のコピーを迅速に生産せざるを得なくなります。ほとんどの生物とは異なり、ウイルスには分裂する細胞がありません。新しいウイルスは感染した宿主細胞に集まります。しかし、プリオンのような単純な感染性病原体とは異なり、それらには遺伝子が含まれているため、突然変異や進化が可能です。 4,800種以上のウイルスが発見されています。

それらの起源は不明です:いくつかはプラスミドから進化した可能性がありますか?細胞間を移動できるDNAの断片?他は細菌から進化した可能性があります。ウイルスは2つまたは3つの部分で構成されています。DNAまたはRNAから作られた遺伝子、遺伝情報を運ぶ長い分子です。遺伝子を保護するタンパク質コート;いくつかのウイルスでは、タンパク質のコートを取り囲み(石鹸に対して脆弱にします)、特定の受容体と組み合わせて新しい宿主細胞に侵入するために使用される脂肪のエンベロープです。ウイルスの形状は、単純ならせん状および二十面体からより複雑な構造までさまざまです。ウイルスのサイズは20?300ナノメートルです。 1センチ(0.4インチ)に伸ばすには、33,000?500,000を並べて使用します。

------------------------

原文は、Wikipediaの「Quantum mechanics」(量子力学)の前半。

Wikipedia原文≫

Quantum mechanics (QM; also known as quantum physics, quantum theory, the wave mechanical model, or matrix mechanics), including quantum field theory, is a fundamental theory in physics describing the properties of nature.

Classical physics, the description of physics that existed before the formulation of the theory of relativity and of quantum mechanics, describes many aspects of nature at ordinary (macroscopic) scale. Quantum mechanics explains the aspects of nature at ordinary (macroscopic) scales but extends this description to the small (atomic and subatomic) scales. Most theories in classical physics can be derived from quantum mechanics as an approximation valid at large (macroscopic) scale. Quantum mechanics differs from classical physics in that energy, momentum, angular momentum, and other quantities of a bound system are restricted to discrete values (quantization), objects have characteristics of both particles and waves (wave-particle duality), and there are limits to how accurately the value of a physical quantity can be predicted prior to its measurement, given a complete set of initial conditions (the uncertainty principle).

≪DeepL翻訳≫

量子場理論を含む量子力学(QM;量子物理学、量子論波動力学モデル、行列力学とも呼ばれる)は、自然界の性質を記述した物理学の基礎理論である。

相対性理論量子力学が定式化される以前に存在した物理学の記述である古典物理学は、自然の多くの側面を通常の(巨視的な)スケールで記述している。量子力学は、通常の(巨視的な)スケールでの自然の側面を説明しますが、この説明を小さな(原子や素粒子の)スケールにまで拡張しています。古典物理学のほとんどの理論は、大規模(巨視的)スケールで有効な近似として量子力学から導き出すことができます。量子力学古典物理学と異なる点は、エネルギー、運動量、角運動量などの束縛された系の量が離散的な値に制限されていること(量子化)、物体が粒子と波の両方の特性を持っていること(波-粒子二元性)、初期条件の完全なセットが与えられている場合、物理量の値を測定前にどれだけ正確に予測できるかに限界があること(不確かさの原理)などです。

≪みらい翻訳≫

量子場理論を含む量子力学(数量;量子力学量子論波動力学モデル、または行列力学としても知られる)は、自然の性質を記述する物理学の基礎理論である。

古典物理学は、相対性理論量子力学の定式化以前に存在した物理学の記述であり、自然の多くの側面を通常の(巨視的な)スケールで記述する。量子力学は、通常の(巨視的な)スケールで自然の諸側面を説明するが、この説明を小さな(原子と亜原子)スケールに拡張する。古典物理学のほとんどの理論は、大規模な(巨視的な)スケールで有効な近似として量子力学から導き出すことができる。量子力学古典物理学と異なる点は、束縛系のエネルギー、運動量、角運動量、その他の量が離散値に制限されていること(量子化)、物体が粒子と波の両方の特性を持っていること(波動粒子二重性)、物理量の値が測定前にどれだけ正確に予測できるかには限界があること(不確定性原理)である。

Google翻訳

量子場理論を含む量子力学(QM;量子物理学、量子論波動力学モデル、または行列力学としても知られています)は、自然の特性を記述する物理学の基礎理論です。

古典物理学は、相対性理論量子力学の理論が定式化される前に存在していた物理学の説明であり、通常の(巨視的)スケールで自然の多くの側面を説明します。量子力学は、通常の(巨視的)スケールで自然の側面を説明しますが、この説明を小さな(原子およびサブ原子)スケールに拡張します。古典物理学のほとんどの理論は、量子力学から大規模な(巨視的)スケールで有効な近似として導き出すことができます。量子力学は古典的な物理学とは異なり、エネルギー、運動量、角運動量、および結合系の他の量は離散値(量子化)に制限され、オブジェクトは粒子と波の両方の特性を持ち(波動粒子双対性)、制限があります。初期条件の完全なセット(不確実性の原理)が与えられた場合、物理量の値をその測定前にどれだけ正確に予測できるかについて。

------------------------

原文は、Wikipediaの「Beneath the Wheel」(車輪の下)のPlot summary。

Beneath the Wheel - Wikipedia

Wikipedia原文≫

Beneath the Wheel is the story of Hans Giebenrath, a talented boy sent to a seminary in Maulbronn. His education is focused completely on increasing his knowledge, and neglects personal development. His close friendship with Hermann Heilner, a more liberal fellow student, is a source of comfort for Hans. Heilner is expelled from the seminary, and Giebenrath is sent home after his academic performance decreases in tandem with the onset of symptoms of mental illness.

Back home, he finds coping with his situation difficult, having lost most of his childhood to scholastic study, and thus having never formed lasting personal relationships with anyone in his village. He is apprenticed as a locksmith, and seems to find satisfaction in the work; it is visceral and concrete, as opposed to the intellectual abstraction of scholarly pursuit. Despite some personal fulfillment in his existence, Hans never fully adjusts to his new situation. On a pub crawl in a neighbouring village, he and his colleagues get drunk. Giebenrath leaves the group to walk home early. Later, he is found to have drowned in a river.

≪DeepL翻訳≫

Beneath the Wheel』は、マウルブロンの神学校に送られた才能ある少年、ハンス・ジーベンラートの物語です。彼の教育は知識を増やすことばかりに重点が置かれ、個人の成長はおろそかにされています。自由主義者のヘルマン・ハイルナーとの親しい友情は、ハンスにとって慰めとなる。ハイルナーは神学校を追放され、ジーベンラートは精神疾患の症状が出て学業成績が低下したために家に帰される。

幼少期の大半を学業に費やしていたため、村の誰とも長続きしない人間関係を築くことができず、家に帰ってからの対処は困難であった。彼は鍵屋に弟子入りし、その仕事にやりがいを感じているようである。自分の存在に個人的な充実感を感じていたにもかかわらず、ハンスは新しい状況に完全に適応することはできなかった。隣接する村のパブで、彼と同僚たちは酔っぱらってしまう。ジーベンラスは早く家に帰るためにグループを離れます。その後、彼は川で溺れているのが発見される。

≪みらい翻訳≫

ホイールの下には、マウルブロンの神学校に送り込まれた才能ある少年、ハンス・ジベンラスの物語がある。彼の教育は完全に知識を増やすことに集中しており、自己啓発を軽視している。自由主義的な学生ヘルマン・ハイルナーとの親交は、ハンスにとって慰めとなる。ハイルナーは神学校から追い出され、ギーベンラスは精神疾患の症状の発症に伴って学業成績が低下した後、家に送られる。

故郷では、子ども時代の大半を学業に費やしたため、村の誰とも長続きする人間関係を築くことができず、状況に対処するのは難しいと感じています。彼は錠前師として見習い、仕事に満足しているようだ。学問的探求の知的抽象化とは対照的に、直感的で具体的である。個人的には充実した生活を送っているにもかかわらず、ハンスは新しい状況に完全に順応することはありません。隣の村の居酒屋で彼と彼の同僚は酔っぱらう。Giebenrathはグループを離れ、早く家に帰る。その後、彼は川で溺死したことが分かった。

Google翻訳

ホイールの下には、マウルブロンの神学校に送られた才能のある少年、ハンス・ジーベンラートの物語があります。彼の教育は完全に彼の知識を増やすことに集中しており、個人の成長を無視しています。より寛大な仲間の学生であるヘルマンハイルナーとの親密な友情は、ハンスにとって快適さの源です。ハイルナーは神学校から追放され、ジーベンラートは精神病の症状の発症と相まって学業成績が低下した後、帰国する。

家に戻ると、彼は自分の状況への対処が困難であることに気付き、子供の頃のほとんどを学業で失い、村の誰とも永続的な個人的な関係を築いたことがありませんでした。彼は錠前屋の見習いであり、仕事に満足感を覚えているようです。学問的追求の知的抽象化とは対照的に、それは内臓的で具体的です。ハンスは彼の存在の中で個人的な満足感にもかかわらず、彼の新しい状況に完全に順応することは決してありませんでした。隣の村のパブ巡りで、彼と彼の同僚は酔っぱらっている。ジーベンラートはグループを離れて早く帰宅します。その後、彼は川で溺死したことが判明した。

------------------------

六甲山系)五助ダム→打越峠→金鳥山→保久良梅林。桜はところどころ。金鳥山の桜はまだ。

3月26日。渦森橋バス停→五助ダム(五助堰堤)→打越峠→金鳥山→保久良梅林→JR摂津本山駅

五助ダムまでの途中、ところどころで、桜が結構咲いている。五助ダムの新緑はまだ先。打越峠から金鳥山までの間には椿がたくさん。

金鳥山から保久良梅林までの桜並木の桜はまだほとんど咲いていない。

野鳥はシメだけ撮影できた。遠くてかなり高い木の上で逆光で撮影が難しかった。

f:id:art2nd:20200326173237j:plain

f:id:art2nd:20200326192854j:plain

f:id:art2nd:20200326192938j:plain

f:id:art2nd:20200326192958j:plain

f:id:art2nd:20200326193020j:plain

f:id:art2nd:20200326193140j:plain

f:id:art2nd:20200326193115j:plain

f:id:art2nd:20200326222215j:plain

f:id:art2nd:20200326222259j:plain

f:id:art2nd:20200326222357j:plain

f:id:art2nd:20200326222423j:plain

f:id:art2nd:20200326222506j:plain

f:id:art2nd:20200326222553j:plain

f:id:art2nd:20200326222609j:plain

f:id:art2nd:20200326222628j:plain

f:id:art2nd:20200326222703j:plain

f:id:art2nd:20200326222742j:plain

f:id:art2nd:20200326222846j:plain

f:id:art2nd:20200326222816j:plain

f:id:art2nd:20200326222913j:plain

f:id:art2nd:20200326223152j:plain

f:id:art2nd:20200326223221j:plain

f:id:art2nd:20200326223305j:plain

f:id:art2nd:20200326223325j:plain

f:id:art2nd:20200326223730j:plain

兵庫県)武田尾、福知山線廃線敷、桜の園つぼみ(一部満開)。

3月25日。JR武田尾駅から、福知山線廃線敷、桜の園「亦楽山荘」。

桜の園の桜はほとんど咲いていないが、一部の木が満開。

野鳥は、ジョウビタキシジュウカラヤマガラカワラヒワが撮影できたが、シジュウカラ以外はあまりきれいに撮れなった。

f:id:art2nd:20200325170147j:plain

f:id:art2nd:20200325173347j:plain

f:id:art2nd:20200325173432j:plain

f:id:art2nd:20200325173441j:plain

f:id:art2nd:20200325173519j:plain

f:id:art2nd:20200325173548j:plain

f:id:art2nd:20200325173612j:plain

f:id:art2nd:20200325173635j:plain

f:id:art2nd:20200325173728j:plain

f:id:art2nd:20200325173843j:plain

f:id:art2nd:20200325174444j:plain

f:id:art2nd:20200325174105j:plain

f:id:art2nd:20200325174220j:plain

f:id:art2nd:20200325174241j:plain

f:id:art2nd:20200325174332j:plain

f:id:art2nd:20200325175207j:plain

ジョウビタキ

f:id:art2nd:20200325175216j:plain

シジュウカラ

f:id:art2nd:20200325175227j:plain

ヤマガラ

f:id:art2nd:20200325175236j:plain

カワラヒワ

六甲山上駅→記念碑台→天狗岩南尾根。野鳥、カケス、カワラヒワ、ヒガラ、コゲラetc。

3月24日。六甲ケーブル山上駅→記念碑台→六甲高山植物園横→天狗岩→天狗岩南尾根→渦森台。

天狗岩からの眺めが素晴らしい。六甲山系で一番の眺めかもしれない。

天狗岩南尾根は最初は歩きやすい道だったが、途中から斜面がきつくなり滑りやすいところも。最後の方で西谷山方面へ降りたが、降りた下の看板を見ると「熟練者向き」と書いてあった。

野鳥は、カケス、コゲラ、ヒガラ(違うかもしれない)、ヤマガラホオジロカワラヒワシジュウカラが撮影できた。カケスとヒガラは初めて。カケスのきれいな羽の模様がきちんと撮れなかったのは残念。コゲラはあちこちでたくさん見られた。

f:id:art2nd:20200324221845j:plain

f:id:art2nd:20200324211945j:plain

f:id:art2nd:20200324212152j:plain

f:id:art2nd:20200324212157j:plain

f:id:art2nd:20200324212214j:plain

f:id:art2nd:20200324220103j:plain

f:id:art2nd:20200324212611j:plain

天狗岩からの眺め。

f:id:art2nd:20200324212448j:plain

f:id:art2nd:20200324212534j:plain

f:id:art2nd:20200324212549j:plain

f:id:art2nd:20200324212645j:plain

f:id:art2nd:20200324212649j:plain

f:id:art2nd:20200324212653j:plain

f:id:art2nd:20200324212722j:plain

f:id:art2nd:20200324212926j:plain

f:id:art2nd:20200324213024j:plain

f:id:art2nd:20200324213028j:plain

f:id:art2nd:20200324213031j:plain

f:id:art2nd:20200324213246j:plain

f:id:art2nd:20200324213250j:plain

f:id:art2nd:20200324213639j:plain

カケス

f:id:art2nd:20200324213648j:plain

カケス

f:id:art2nd:20200324214010j:plain

コゲラ

f:id:art2nd:20200324215000j:plain

ヒガラ

f:id:art2nd:20200324215822j:plain

ヤマガラ

f:id:art2nd:20200324215940j:plain

ホオジロ

f:id:art2nd:20200324220134j:plain

カワラヒワ

f:id:art2nd:20200324220155j:plain

シジュウカラ

早春の神戸森林植物園。サンシュユ、ミツマタ、カタクリ。ホオジロ、コゲラ、ヤマガラ。

3月23日。神戸森林植物園。

早春の花がたくさん、咲いている。サンシュユミツマタミツバツツジモクレン、桜、ミモザカタクリ山野草

野鳥の鳴き声もたくさん聞かれたが、写真に撮れたのは、ホオジロシジュウカラコゲラヤマガラ

f:id:art2nd:20200323173035j:plain

f:id:art2nd:20200323173044j:plain

f:id:art2nd:20200323174110j:plain

f:id:art2nd:20200323174126j:plain

f:id:art2nd:20200323173105j:plain

f:id:art2nd:20200323173131j:plain

f:id:art2nd:20200323173258j:plain

f:id:art2nd:20200323173221j:plain

f:id:art2nd:20200323173224j:plain

f:id:art2nd:20200323173226j:plain

f:id:art2nd:20200323173359j:plain

f:id:art2nd:20200323173418j:plain

f:id:art2nd:20200323173431j:plain

f:id:art2nd:20200323173512j:plain

f:id:art2nd:20200323173613j:plain

f:id:art2nd:20200323173633j:plain

f:id:art2nd:20200323173642j:plain

f:id:art2nd:20200323173725j:plain

f:id:art2nd:20200323173853j:plain

f:id:art2nd:20200323173931j:plain

f:id:art2nd:20200323173941j:plain

f:id:art2nd:20200323173945j:plain

f:id:art2nd:20200323174033j:plain

f:id:art2nd:20200323174006j:plain

f:id:art2nd:20200323174329j:plain

ホオジロ

f:id:art2nd:20200323174440j:plain

ホオジロ

f:id:art2nd:20200323185443j:plain

シジュウカラ

f:id:art2nd:20200323174623j:plain

コゲラ

f:id:art2nd:20200323174712j:plain

ヤマガラ