晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

兵庫県西宮市)北山貯水池→北山緑化植物園→阪急甲陽園駅

9月15日。阪神西宮駅からバスで北山貯水池まで。北山貯水池→北山緑化植物園→阪急甲陽園駅。

北山貯水池の水が少ない。北山貯水池から北山緑化植物園までは平坦な道。北山緑化植物園から甲陽園駅までは下り道。4.7km。弁当タイムを含んで3時間。

湿度が低いとはいえ、最高気温33度は暑かった。

f:id:art2nd:20190915165133j:plain

f:id:art2nd:20190915165328j:plain

f:id:art2nd:20190915165331j:plain

f:id:art2nd:20190915165334j:plain

f:id:art2nd:20190915165340j:plain

f:id:art2nd:20190915165344j:plain

f:id:art2nd:20190915165349j:plain

f:id:art2nd:20190915165353j:plain

f:id:art2nd:20190915165356j:plain

f:id:art2nd:20190915165400j:plain

f:id:art2nd:20190915165404j:plain

f:id:art2nd:20190915165408j:plain

f:id:art2nd:20190915165411j:plain

f:id:art2nd:20190915165414j:plain

 

「CrystalDiskInfo」「HWiNFO」「SSDLife」で、パソコンのHDD/SSDの健康状態をチェック。SSDのデフラグ、仮想メモリをオフ。

現在使っているパソコンを購入して5年以上経つので、HDDとSSDの健康診断をしてみた。

CrystalDiskInfo

まず、ツール「CrystalDiskInfo」を使った。CrystalDiskInfoは以下からダウンロードした。

実行結果は以下。

SSDの「E9:メディア消耗指数」が、後に出てくるHWiNFOの「Drive Remaining Life」や、SSDLifeの「健康状態」と同じものらしい。

f:id:art2nd:20190913141426j:plain

f:id:art2nd:20190912203505j:plain

CドライブがSSD、DドライブがHDD。どちらも正常と表示された。

SSDとHDDの使用時間が大きく違うのが理解できない。

SSD「Model : INTEL SSDSC2BW240A4」のTBW(Tera Byte Written)は公表されていないようだが、

https://www.intel.com/content/dam/www/public/us/en/documents/product-specifications/ssd-530-sata-specification.pdf

の12/27ページに、
-------------------
Minimum Useful Life/Endurance Rating

The SSD will have a minimum useful life based on atypical client workload
assuming up to 20 GB of host writes per day

Value: 5 years
-------------------

と書かれていることからすると、20GB x 365日 x 5年 = 36,500GB = 36.5TBWか?

https://www.arcbrain.jp/support/NVM_Express/Prohibited_acts/

によれば、「個人ユーザー向け製品の場合は、土日は使用しないということを前提で計算する」らしいので、20GB x 260日 x 5年 = 26,000GB = 26TBW。

いずれにしろ、SSDの総書込量(ホスト):11,749GBとの比較で良いとすれば、まだ寿命に余裕があると考えて良いのかもしれない。

【HWiNFO】

パソコンのハードウェアの情報を詳細に表示してくれる「HWiNFO」も使ってみた。

HWiNFOの

  • メニュー[Monitoring]→[Sensor Status]

を見ると、SSD の S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)欄の「Drive Remaining Life」が「94%」となっているので、まだ大丈夫ということか?

この数値が急に下がったら危ないらしい。

f:id:art2nd:20190912223214j:plain

【SSDLife】

SSDの寿命予測をしてくれる「SSDLife」も使ってみた。

健康状態が94%。HWiNFOの「Drive Remaining Life」と同じ数字。

寿命予測、8年9月1日。

f:id:art2nd:20190913085015j:plain

【耐久性テスト】

下の「インテルSSD 530シリーズ 120GB 耐久性テスト」によれば、338TB程度は書き込めるらしい。現在の総書込量(NAND)61TBとの比較で計算して、あと20年ぐらいは大丈夫ということか。

ただ、上記の診断ツールを使って定期的にチェックして、健康状態の数値が急に下がりだしたら、要注意。

SSDの寿命を延ばす対策】

SSDは書き込み量による寿命があるらしいので、なるべく書き込み量を減らすために、2つの事をやってみた。参考にしたのは以下のページ。

なお、デフラグか必要かどうかは様々な意見があるようだ。

デフラグを無効にする】

  1. コンピューターを開いてSSDを右クリックして「プロパティ」を選択。
  2. 「ツール」の「最適化」を選択。
  3. 「最適化のスケジュール」をオフにする。

f:id:art2nd:20190913090957j:plain

仮想メモリページングファイルをDドライブのHDDに変更】

  1. コンピューターを右クリックして「プロパティ」を選択。
  2. 「システムの詳細設定」を選択。
  3. 「パフォーマンス」を選択。
  4. 「パフォーマンス」の「詳細設定」を選択。
  5. 仮想メモリ」を開く。
  6. Cドライブを「ページファイルなし」に変更し、Dドライブを「システム管理サイズ」に設定。

f:id:art2nd:20190913091018j:plain

f:id:art2nd:20190913091020j:plain

HTML、jQuery)HTMLフォトギャラリー&スライドショー(Unite Gallery版)

JavaScriptライブラリ「Unite Gallery」を使って、HTMLフォトギャラリー&スライドショーを作成。

フォトギャラリー用のJavaScriptライブラリでは「Fotorama」「lightgallery.js」も良さそうだったが、

「Unite Gallery」が一番使いやすそうだった。「Unite Gallery」はjQueryが必要。

ギャラリーの写真は以下のものを使用。

「Unite Gallery」は、使い方がシンプルだが、デザインテーマの種類も豊富。レスポンシブ対応で、スマホではスライドショーはスワイプによる画像送りができる。

≪デザインテーマ:JUSTIFIED版≫

https://ok2nd.sakura.ne.jp/gallery/tadehara-justified.html

JUSTIFIED版では、ページサイズに合わせて、縦長、横長の画像をきれいにサイズ調整して配置してくれる。

f:id:art2nd:20190909195107j:plain

f:id:art2nd:20190909195109j:plain

<link rel='stylesheet' href='unitegallery/css/unite-gallery.css' type='text/css'>
<link rel='stylesheet' href='unitegallery/themes/default/ug-theme-default.css' type='text/css'>
<script type='text/javascript' src='//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.1/jquery.min.js'></script>
<script type='text/javascript' src='unitegallery/js/unitegallery.min.js'></script>
<script type='text/javascript' src='unitegallery/themes/tiles/ug-theme-tiles.js'></script>

<div id="gallery" style="display:none;">
<img alt="" src="thumbs/a001.jpg" data-image="photo/a001.jpg">
<img alt="" src="thumbs/a002.jpg" data-image="photo/a002.jpg">
<img alt="" src="thumbs/a003.jpg" data-image="photo/a003.jpg">
.....
</div>

<script type="text/javascript">
jQuery(document).ready(function(){
	jQuery("#gallery").unitegallery({
		tile_enable_shadow: true,
		tile_enable_border: true,
		tiles_space_between_cols: 15,
		tiles_justified_space_between: 15,
		tiles_col_width: 235,
		tile_border_color: "#fff",
		tile_enable_outline: true,
		theme_gallery_padding: 15,
		tiles_justified_row_height: 300,
		tiles_type: "justified"
	});
});
</script>

GRID版も作成した。

≪デザインテーマ:GRID版≫

https://ok2nd.sakura.ne.jp/gallery/tadehara-grid.html

f:id:art2nd:20190909195139j:plain

<link rel='stylesheet' href='unitegallery/css/unite-gallery.css' type='text/css'>
<link rel='stylesheet' href='unitegallery/themes/default/ug-theme-default.css' type='text/css'>
<script type='text/javascript' src='//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.1/jquery.min.js'></script>
<script type='text/javascript' src='unitegallery/js/unitegallery.min.js'></script>
<script type='text/javascript' src='unitegallery/themes/tilesgrid/ug-theme-tilesgrid.js'></script>

<div id="gallery" style="display:none;">
<img alt="" src="thumbs/a001.jpg" data-image="photo/a001.jpg">
<img alt="" src="thumbs/a002.jpg" data-image="photo/a002.jpg">
<img alt="" src="thumbs/a003.jpg" data-image="photo/a003.jpg">
.....
</div>

<script type="text/javascript">
jQuery(document).ready(function(){
	jQuery("#gallery").unitegallery();
});
</script>

京都福知山)毛原の棚田。京都丹後鉄道あおまつ号。

9月5日。京都福知山の「毛原の棚田」。

神戸三宮から高速バスで福知山。福知山駅から京都丹後鉄道で大江駅まで、快速丹後あおまつ号

大江駅は鬼伝説の里らしく、駅前に鬼瓦公園があったりする。

大江駅から福知山市バスで毛原バス停まで。毛原バス停から棚田を見ながら歩く。既に稲刈りが終わっている田んぼもある。

暑い一日だった。棚田は綺麗だが、あまりの暑さに、ゆったり写真を撮る気になれない。汗だくでぐったり。新展望台から南に下る道が、想定外の急な坂道の連続。

f:id:art2nd:20190905223055j:plain

f:id:art2nd:20190905221321j:plain

f:id:art2nd:20190905222323j:plain

f:id:art2nd:20190905221324j:plain

f:id:art2nd:20190905221327j:plain

f:id:art2nd:20190905221331j:plain

f:id:art2nd:20190905221801j:plain

f:id:art2nd:20190905221805j:plain

f:id:art2nd:20190905221808j:plain

f:id:art2nd:20190905221812j:plain

f:id:art2nd:20190905221815j:plain

f:id:art2nd:20190905221825j:plain

f:id:art2nd:20190905221818j:plain

f:id:art2nd:20190905221828j:plain

f:id:art2nd:20190905221833j:plain

f:id:art2nd:20190909113947j:plain

f:id:art2nd:20190905221836j:plain

f:id:art2nd:20190905221840j:plain

f:id:art2nd:20190905221845j:plain