晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

画像を決まった縦横比でトリミングするなら、「トリミング de 顔写真!」が便利。

画像・写真をあらかじめ決まった縦横比でトリミングするなら、「トリミング de 顔写真!」が便利。永らく使っているWindowsアプリだが、ブログに挙げていなかったので、今更ながら挙げておく。

トリミング比率は、スクエア(1 x 1)、A4サイズ、証明写真など、自分が使いそうなものを登録しておける。

レンズ「SONY E 20mm F2.8」購入。「NEX-5R」に付けて試し撮り。

ソニーのミラーレス一眼カメラ本体は、APS-Cの軽量タイプの以下を所有している。

ソニーEマウントレンズは、現在以下を持っている。

  • SIGMA 56mm F1.4(35mm判換算84mm)
  • SONY E 35mm F1.8(35mm判換算52.5mm)
  • SIGMA 30mm F1.4(35mm判換算45mm)(売却済)
  • SAMYANG AF 24mm F2.8(35mm判換算36mm)
  • 七工匠 18mm F6.3(35mm判換算27mm)

「七工匠 18mm F6.3」は、ボディキャップレンズで、厚さ10mmとかなり薄いレンズだが周辺光量落ちが大きく、写りが特殊。

「SAMYANG AF 24mm F2.8」は、軽量だが厚み(37mm)がある。

これら以外に、厚みが薄くポケットに入れやすいレンズが欲しい。

SONY E 20mm F2.8」が、厚さ20.4mmで薄く、「NEX-5R」との組み合わせでポケットに入れて持ち歩きやすそう。

  • SONY E 20mm F2.8(35mm判換算30mm):62.6 x 20.4 mm(69 g)

SONY NEX-5R」につけたサイズを以下の2つのレンズと比較してみる。

  • SONY E 35mm F1.8(35mm判換算52.5mm):63 x 45 mm(154 g)
  • SAMYANG AF 24mm F2.8(35mm判換算36mm):61.8 x 37 mm(93 g)

SONY E 20mm F2.8 | SONY E 35mm F1.8 OSS

SONY E 20mm F2.8 | SAMYANG AF 24mm F2.8

別途所有している「LUMIX GM1+LEICA 15mm/F1.7」と比べても薄い。

SONY NEX-5R+E 20mm F2.8 | LUMIX GM1+LEICA 15mm/F1.7

35mm判換算焦点距離30mm/F2.8は、レンズ一体型APS-Cカメラ「RICOH GR III(28mm/F2.8)」に近い。本体「NEX-5R」+レンズの厚みでは「RICOH GR III」に負けるが、正面から見たサイズでは「RICOH GR III」と比べても小さい。「RICOH GR III」と違ってレンズバリアが無い点やフィルターが付けられる点が嬉しい。「NEX-5R」に手ブレ補正はないが、この焦点距離なら日中の撮影に支障はない。

■「SONY E 20mm F2.8」購入。

ということで、マップカメラで30,310円(税込み)で購入。

SONY E 20mm F2.8」には、レンズフードが付いてくるが、付けると厚みが出てしまうので、付けない。

レンズフード付き | レンズフードなし

しかし、フィルターとキャップを付けると、それなりに厚みが出る。

フィルター&キャップ付き

SONY E 20mm F2.8」は、パンケーキレンズの部類に入るので、薄くて持ちやすいことが大きな魅力で、画質に大きな期待はしていない。

とりあえず、SONY NEX-5R」+「SONY E 20mm F2.8」で試し撮りをしてみた。

解像感にかける気もするが、ブログ用に1200x797ピクセルに縮小すると、普通に見える。

最短撮影距離は20cmなので、ある程度近づける。35mm判換算焦点距離30mmでF2.8だが、被写体に近づけば、ある程度の背景ボケも得られる。

以前に「LUMIX GM1+LEICA 15mm/F1.7は、最強のスナップシューター」という記事を書いたけど、「NEX-5RSONY E 20mm F2.8」は「LUMIX GM1+LEICA 15mm/F1.7」よりも厚さが薄く、スナップシューターとして最適。

大阪府堺市)大泉緑地。ルリビタキ、アトリ、コゲラ、シジュウカラ、メジロ、モズ、シロハラ、ツグミ、バン、オオバン、カルガモ、ヒドリガモ、カイツブリ、ユリカモメ。

1月26日。大泉緑地。大阪メトロ新金岡駅から往復。5.2km、2時間30分。

野鳥、ルリビタキ、アトリ、コゲラシジュウカラメジロ、モズ、シロハラツグミ、バン、オオバンカルガモヒドリガモカイツブリ、ユリカモメ。

ルリビタキ

アトリ

コゲラ

シジュウカラ

メジロ

モズ

シロハラ

ツグミ

バン

オオバン

カルガモ

ヒドリガモ

カイツブリ

ユリカモメ

キヤノン「EOS R10」モニター表示「静止画撮影画面」。

キヤノン「EOS R10」モニター表示「静止画撮影画面」。

(1)連続撮影可能枚数
(2)撮影可能枚数/セルフタイマー撮影秒数
(3)フォーカスブラケット撮影/HDR撮影/多重露出撮影/マルチショットノイズ低減/バルブタイマー撮影/インターバルタイマー撮影/DPRAW撮影
(4)撮影モード
(5)AFエリア
(6)AF動作
(7)記録画質
(8)動画記録サイズ
(9)測光モード
(10)静止画アスペクト比
(11)水準器
(12)AFフレーム(1点AF)
(13)フォーカスブラケット撮影残り枚数/多重露出残り枚数/インターバルタイマー残り枚数
(14)動画撮影可能時間
(15)バッテリー残量
(16)マルチ電子ロック警告
(17)クイック設定ボタン
(18)フリッカーレス撮影
(19)ホワイトバランス/ホワイトバランス補正
(20)ピクチャースタイル
(21)クリエイティブフィルター
(22)検出する被写体
(23)タッチシャッター/フォルダ作成
(24)拡大ボタン
(25)ヒストグラム(輝度/RGB)

(26)AEB撮影/FEB撮影
(27)ビューアシスト
(28)HDR PQ
(29)ストロボ充電完了/FEロック/ハイスピードシンクロ
(30)アクセサリー取り付け表示
(31)ドライブモード
(32)電子シャッター
(33)AEロック
(34)シャッタースピード
(35)絞り数値
(36)Wi-Fi機能
(37)GPS
(38)露出シミュレーション
(39)Bluetooth機能
(40)ISO感度
(41)高輝度側・階調優先
(42)Wi-Fi電波強度
(43)露出補正
(44)露出レベル表示

※ モニター情報表示のカスタマイズ方法は以下。

佐賀県「東よか干潟(大授搦)」で見られる可能性のあるシギ・チドリ。

佐賀県東よか干潟(大授搦)」で見られる可能性のあるシギ・チドリを一覧にしてみた。

ZooPicker」を参考にした。

ZooPicker」のデータを元に、シギ・チドリに限定して、月別の一覧にした。

この一覧では、43種類。

やはり、渡りのシーズン、4月、5月、9月が多い。

名前 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ハマシギ    
ダイシャクシギ    
ダイゼン      
メダイチドリ    
ホウロクシギ        
アオアシシギ      
チュウシャクシギ    
シロチドリ      
オオソリハシシギ        
トウネン            
オバシギ        
ソリハシシギ            
キリアイ                
ツルシギ          
ムナグロ              
キアシシギ                
オオハシシギ        
アオアシシギ            
ウズラシギ                  
オグロシギ              
コオバシギ              
ソリハシセイタカシギ            
オオメダイチドリ                  
キョウジョシギ                
アカアシシギ              
コチドリ                
カラフトアオアシシギ                    
ミヤコドリ              
サルハマシギ                    
エリマキシギ                  
シベリアオオハシシギ                  
ヒメハマシギ                      
セイタカシギ                    
タカブシギ                    
ミユビシギ                  
ツバメチドリ                      
ヒバリシギ                    
ヨーロッパムナグロ                      
セイタカソリハシシギ                      
ハジロコチドリ                    
ヨーロッパトウネン                      
アメリカウズラシギ                      
アカエリヒレアシシギ                      
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
観察数 13 14 20 34 30 2 0 23 34 17 4 14