晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

HUAWEI P20 Pro 発表。トリプルレンズカメラ。→ファーウェイにデジカメ専用機を作ってもらいたい。

【3/29 大幅な加筆修正】

HUAWEI P20 Pro」が発表された。

注:(後日追記)日本国内では、SIMフリー版が販売されず、ドコモの専売になってしまった。ドコモ版は本来のP20 Proの機能をいくつか削った上に、ドコモの不要なアプリが入っているという代物になってしまった。全く、残念。また、P20 Proは、Micro SDカード非対応でメモリ増設ができない。

f:id:art2nd:20180328030208j:plain

f:id:art2nd:20180726084006j:plain

現在「HUAWEI P10 Plus」を使っていて、カメラ機能に満足しているので、興味大。

背面に3つのレンズの「ライカトリプルカメラ」。

  • 40MP 1/1.7型 RGB 27mm F1.8
  • 20MP 1/2.8型 モノクロ 27mm F1.6
  • 8MP 1/4.5型 光学式3倍 80mm F2.4

40Mセンサーは、この薄い筐体で1/1.7型は凄い。8Mセンサーは、光学式3倍という表現だが、ズームレンズではなく、焦点距離80mmの単焦点レンズ。

5倍ハイブリッドズームとの事だが、解像度設定で40Mを選ぶとズームはできないらしい。解像度10M以下でズーム可能との事。例えば、3200×2400で7.6Mだから、個人的にはその程度あれば十分な気がする。【4/8追記】10M設定で5倍ハイブリッドズームだと3468x2736=9.9MPになるらしい。

3倍80mmまではクロップで拡大ということなので、40Mセンサーの画像をトリミングしているということ。モノクロセンサーを活かして、5倍135mmまでは画質をほとんど劣化させずに拡大できる。更に、デジタルズームで10倍270mmまで拡大できる。トータルなズームレンズシステムとして、10MP 27mm-135mm F1.8-F2.4(デジタルズームで27mm-270mm)相当ということみたいだ。

広角側が24mm始まりだと嬉しかったが、F1.8-F2.4相当の27mm-135mmは魅力的な数字。

高速オートフォーカス、6秒を超える長時間露光でも手持ちでブレずに撮影できるAI手ブレ補正機能、ノイズ低減技術の強化とか、ISO102400で1ルクスの暗所でも鮮やかな写真が撮影可能とか凄い。シャッターラグはゼロ秒とのこと。AIを使った機能強化など、カメラメーカーのコンデジや一眼を超える部分がかなりあるのでは。ワイドアパーチャを使ったボケも期待できるし。ファーウェイ恐るべし。

前にも書いたが、ファーウェイにデジカメ専用機を作ってもらいたい。複数の単焦点レンズの組み合わせで、24mm~300mmぐらいが出来たらすごい。メカ的なズーム移動がなくなり撮影がスムーズにできる。機構的にもシンプルになり、壊れにくくなる。

【3/31 追記】

例えば、レンズ構成が、

  • 24mm 40MP RGB F1.8
  • 24mm 20MP モノクロ F1.6
  • 70mm 40MP RGB F1.8
  • 70mm 20MP モノクロ F1.6
  • 180mm 20MP RGB F1.8

の5個の単焦点レンズで、クロップやハイブリッドズームの技術を活かして、トータルとして10MP 24mm-240mm F1.8相当(更にデジタルズームで24mm-480mm)で、本体の厚み2cm程度+レンズ部の厚み3cm程度のカメラなんてできないか。電源ON/OFFでレンズの出入りがなく、ズーム操作でもレンズが伸び縮みしない、起動時間が限りなく0秒に近いカメラが欲しい。

デザイン的にはデジカメらしい横型で、レンズ群を中央部に持ってきてもらい、シャターボタンや露出補正等のダイヤルは欲しい。ズームもレバーでなく、レンズ部分のダイヤルで手動ズームのように操作できたらうれしい。