晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

どんな文章も3行に要約する「ELYZA DIGEST」を試してみた。

東京大学・松尾豊研究室発のAIベンチャーELYZAが、文章の要約文を生成するAI「ELYZA DIGEST」を試せるデモサイトを公開した。

「どんな文章も3行に要約する」らしい。「ELYZA DIGEST」デモサイトは以下。

試しに、Wikipediaの文章を要約してみた。

量子力学 - Wikipedia

【原文】

量子力学は、一般相対性理論と共に現代物理学の根幹を成す理論として、主として分子や原子、あるいはそれを構成する電子など、微視的な物理現象を記述する力学である。 量子力学自身は前述のミクロな系における力学を記述する理論だが、取り扱う系をそうしたミクロな系の集まりとして解析することによって、ニュートン力学に代表される古典論では説明が困難であった巨視的な現象についても記述することができる。例えば量子統計力学は、そのような応用例の一つである。生物や宇宙のようなあらゆる自然現象も、その記述の対象となり得る。 代表的な量子力学の理論として、エルヴィン・シュレーディンガーによって創始された、シュレーディンガー方程式を基礎に置く波動力学と、ヴェルナー・ハイゼンベルク、マックス・ボルン、パスクアル・ヨルダンらによって構成された、ハイゼンベルク運動方程式を基礎に置く行列力学がある。ただしこの二つは数学的に等価である。 基礎科学として重要で、現代の様々な科学や技術に必須な分野である。 たとえば科学分野について、太陽表面の黒点が磁石になっている現象は、量子力学によって初めて解明された。 技術分野について、半導体を利用する電子機器の設計など、微細な領域に関するテクノロジーのほとんどは量子力学を基礎として成り立っている。そのため量子力学の適用範囲の広さと現代生活への影響の大きさは非常に大きなものとなっている。一例として、パソコンや携帯電話、レーザーの発振器などは量子力学の応用で開発されている。工学において、電子工学や超伝導量子力学を基礎として展開している。

【要約】

量子力学は、微視的な物理現象を記述する力学である。コンピュータや携帯電話、レーザーの発振器などは、応用で開発されている。電子工学や超伝導は、量子力学を基礎として展開している。

相対性理論 - Wikipedia

【原文】

相対性理論または相対論は特殊相対性理論一般相対性理論の総称である。物理史的には、古典論に分類される物理の分野としては、最後の「大物」であった。量子力学と並び、いわゆる現代物理・古典物理の基本的な理論である。 特殊論・一般論ともアルベルト・アインシュタインにより記述された。まず、等速運動する慣性系の間において物理法則は互いに不変であるはずという原理(相対性原理)と光速度不変の原理から導かれたのが、特殊相対性理論である(1905年)。特殊相対性理論は、時間と空間に関する相互間の変換が、相対速度が光速に近づくと宇宙が膨張するのと、従来のいわゆる「ニュートン時空」的に信じられていた天体は、重力をもつガリレイ変換の結果とは違ったものになること、そういった場合にはローレンツ変換が正しい変換であることを示した(つまり、ニュートン力学において普遍的であった概念は破られたということである。) 「ミンコフスキー時空」。 続いて、等価原理により加速度によるいわゆる「見かけの重力」と重力場を「等価」として、慣性系以外にも一般化したのが一般相対性理論である。

【要約】

古典論に分類される物理の分野としては、最後の「大物」であった。量子力学と並び、いわゆる現代物理・古典物理の基本的な理論。相対論は特殊相対性理論一般相対性理論の総称である。

レオナルド・ダ・ヴィンチ - Wikipedia <人物>

【原文】

レオナルドの名前は神話に包まれている。ルネサンス期を代表する芸術家であり、「飽くなき探究心」と「尽きることのない独創性」を兼ね備えた人物といわれている。史上最高の画家の一人と評されるとともに、人類史上で最も多才との呼び声も高い人物である。アメリカ人美術史家ヘレン・ガードナー(英語版)は、レオナルドが関心を持っていた領域の広さと深さは空前のもので「レオナルドの知性と性格は超人的、神秘的かつ隔絶的なものである」とした。しかしマルコ・ロッシは、「レオナルドに関して様々な考察がなされているが、レオナルドのものの見方は神秘的などではなく極めて論理的であり、その実証的手法が時代を遥かに先取りしていたのである」としている。

画家としても後輩筋のミケランジェロラファエロと違って、美術の中心地ローマで活躍することはできず、17世紀から18世紀までは前述の2人の存在感と比較すると無名同然であった。現在のように高く評価されるようになったのは、19世紀に入って手稿が研究されてからである。20世紀になるとレオナルドはその個性から神話化され、ビジネスの対象となってしまい、過大評価がなされていると考える美術史家や科学史家も多い。

1452年4月15日、レオナルド=ダ=ヴィンチは、フィレンツェ共和国から20kmほど離れた郊外のヴィンチ村において、有能な公証人であったセル・ピエーロ・ダ・ヴィンチと農夫の娘であったカテリーナとの間に非嫡出子として誕生した。

1466年頃、レオナルドは、当時フィレンツェにおいて最も優れた工房の一つを主宰していたフィレンツェの画家で、彫刻家でもあったヴェロッキオが運営する工房に入門した。

画家としてのキャリア初期には、ミラノ公ルドヴィーコスフォルツァに仕えている。その後はローマ、ボローニャヴェネツィアなどで活動し、晩年はフランス王フランソワ1世に下賜されたフランスの邸宅で過ごした。

レオナルドは多才な人物だったが、存命中から現在にいたるまで、画家としての名声が最も高い。特に、彼の絵画作品中で最も有名で最も多くのパロディ画が制作された肖像画『モナ=リザ』と、もっとも多くの複製画や模写が描かれた宗教画『最後の晩餐』に知名度の点で比肩しうる絵画作品はほとんどないだろう。また、ドローイングの『ウィトルウィウス的人体図』も文化的象徴(英語版)と見なされており、イタリアの1ユーロ硬貨、教科書、Tシャツなど様々な製品に用いられている。現存するレオナルドの絵画作品は15点程度と言われており決して多くはない。これはレオナルドが完全主義者で何度も自身の作品を破棄したこと、新たな技法の実験に時間をかけていたこと、一つの作品を完成させるまでに長年にわたって何度も手を加える習慣があったことなどによる。それでもなお、絵画作品、レオナルドが残したドローイングや科学に関するイラストが描かれた手稿、絵画に対する信念などは近代以降の芸術家へ多大な影響を与えた。

レオナルドは科学的創造力の面でも畏敬されている。ヘリコプターや戦車の概念化、太陽エネルギーや計算機の理論、二重船殻構造の研究、さらには初歩のプレートテクトニクス理論も理解していた。レオナルドが構想、設計したこれらの科学技術のうち、レオナルドの存命中に実行に移されたものは僅かだったが、自動糸巻器、針金の強度検査器といった小規模なアイディアは実用化され、製造業の黎明期をもたらした。また、解剖学、土木工学、光学、流体力学の分野でも重要な発見をしていたが、レオナルドがこれらの発見を公表しなかったために、後世の科学技術の発展に直接の影響を与えることはなかった。

【要約】

レオナルド氏の「独創性」について、専門家が解説している。レオナルド氏は、人類史上で最も多才との呼び声も高い人物だという。絵画作品は15点程度と言われており決して多くはないとのこと。