晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

画像生成AI「Stable Diffusion」を試してみた。

言葉で指示した画像をAIが描き出す「Stable Diffusion」 というのがある。

Webブラウザ版「Stable Diffusion」が無料で試せる。

試してみた。このブログのサブタイトルを入れて描かかせてみた。

「晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く」

みらい翻訳」で、「晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く」を英語に翻訳したものでも試した。

「I go out and walk on sunny days and paint in my room on rainy days.」

日本の文学作品の冒頭の書き出しなどを入れてみた。

「春はあけぼの。やうやうしろくなりゆく山ぎは、すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。」(枕草子

「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。」(方丈記

「つれづれなるままに、日ぐらしすずりにむかひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。」(徒然草

「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人なり。」(奥の細道

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。」(雪国)

他にもいくつか試した。

「梅雨の晴れ間」

量子力学は、一般相対性理論と共に現代物理学の根幹を成す理論として、主として分子や原子、あるいはそれを構成する電子など、微視的な物理現象を記述する力学である(Wikipedia)。