晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

Windowsアプリ「GIMP」で霞(かすみ)の除去を試してみた。(色レベルの調整、トーンカーブの調整)

山ではガス(霧)に囲まれる事がしばしば。写真も霞がかったものになる。それはそれで、幻想的で雰囲気があるのだが、少しクリアな写真にしたい場合もある。

画像編集アプリで霞を除去できるのか試してみた。Windowsアプリ「GIMP」を使った。(以下、GIMPバージョン2.10.8のメニュー表示)

オリジナル写真は、今年の夏に行った月山の写真を使った。

とりあえず、色レベルの調整をしてみる。

  • GIMPメニュー[色]→[Levels...]を選択。

f:id:art2nd:20190826173534j:plain

「色レベルの調整」のオプション画面で、「チャネル」は[明度]のまま、「全チャネル」の[Auto Input Levels]をクリックして[OK]するだけ。

f:id:art2nd:20190826173351j:plain

以下、左がオリジナル写真、右がGIMPで霞みを除去した画像。

簡単な操作で霞がうすくなる。

f:id:art2nd:20190826171633j:plain
f:id:art2nd:20190826171636j:plain
f:id:art2nd:20190826171720j:plain
f:id:art2nd:20190826171723j:plain

以下の写真では、[Auto Input Levels]では、池塘の水の色が紫っぽくなってしまった。

f:id:art2nd:20190826172652j:plain
f:id:art2nd:20190826172655j:plain

色レベルの調整でうまくいかない場合は、トーンカーブを調整してみる。

  • GIMPメニュー[色]→[Curves...]を選択。

f:id:art2nd:20190826223010j:plain

トーンカーブの調整」画面で、カーブをマウスで操作することで、任意の明るさに調整できる。

f:id:art2nd:20190826222127j:plain
f:id:art2nd:20190826222129j:plain

トーンカーブの理屈は面倒なので、とりあえず、適当な場所をつまんで操作してみるのが手っ取り早い。

トーンカーブの調整例が以下。

f:id:art2nd:20190826222203j:plain
f:id:art2nd:20190826222207j:plain

2つ目の写真でもトーンカーブの調整を使ってみた。かなり鮮やかになった。

f:id:art2nd:20190826231408j:plain
f:id:art2nd:20190826231411j:plain
f:id:art2nd:20190826231434j:plain
f:id:art2nd:20190826231440j:plain

色レベルの調整やトーンカーブの調整で、霞を薄くしてクリアで鮮やかな写真に加工できる事が分かった。

しかし、旅行の思い出として、「あの時はガスってて、視界が悪くて大変だったなあ」というのを思い出すためには加工前の写真じゃないと。