晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

兵庫県東播磨)瀬戸川河口、江井島海岸、江井島ため池(新池、大池)。イソシギ、シロチドリ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ(エクリプス)、シマアジ、ホシハジロ、ヒドリガモ、カイツブリ、トビ、イソヒヨドリ。

9月20日台風14号が過ぎ去って、ようやく最高気温が25度まで下がった。

台風14号は東北地方を通り過ぎて温帯低気圧になり、兵庫県強風域からとっくに外れているはずだが、かなり強い風が吹いている。

山陽魚住駅→瀬戸川河口→江井島海岸→赤根川→ため池(新池、大池)→西江井ヶ島駅。8km、3時間。

瀬戸川河口には野鳥カメラマンが10名ほど。でも瀬戸川河口にはシラサギとカワウがいるだけ。ちょっと外れたところにイソシギが1羽だけ。

野鳥、イソシギ、シロチドリ、カルガモハシビロガモコガモシマアジホシハジロヒドリガモカイツブリ、トビ、イソヒヨドリ

シマアジは初めて。

コガモシマアジは、よく分からなかった。今回も、「日本の野鳥識別図鑑:鳥の名前質問コーナー」にお世話なった。

コガモには、エクリプスも混じっていた。(※ エクリプスとは:繁殖を終えたカモ類のオスは8月から10月頃にはメスのように全体が地味な羽衣になる。オスはメスに選ばれる必要がなくなり、外敵から見つかりにくくなる。 この時期の羽衣の状態をエクリプスという。)

オニバス

ダイサギコサギ

イソシギ

遠すぎてよくわからないが多分、ウミネコの集団

シロチドリ

シロチドリ

シロチドリ

カルガモ

ハシビロガモ

ハシビロガモ

ハシビロガモ

ハシビロガモ

ハシビロガモ

コガモ(左前:オス幼鳥、右奥:メス)

コガモ(オス:エクリプス)

コガモ(メス)

シマアジ(オス幼鳥)

シマアジ(オス幼鳥)

ホシハジロ

ヒドリガモ

ヒドリガモ

ヒドリガモ

カイツブリ

トビ

トビ

イソヒヨドリ

イソヒヨドリ

イソヒヨドリ