晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

JavaScript版「縦書き表示」作成。「window.opener」を使えば、親子ウインドウ間のデータ受け渡しは簡単。

以前、「ブラウザでテキスト縦書き表示」するページを作成した。

この時作成したのは、サーバーサイドでPHPで処理して縦書きページを表示する方式だった。

今回、PHPを使わずにJavaScriptでクライアントサイドで縦書きページを作成する。

https://ok2nd.sakura.ne.jp/tategaki/index-js.html

フォント等のオプション選択画面のページ「index-js.html」で「縦書き表示」ボタンを押すと、ブラウザの新しいタブで縦書き表示ページ「tategaki.html」を開く。

【 index-js.html 】

<form>
	...
	...
	<input type="button" value="縦書き表示" onclick="return tategaki();">
</form>
...
...
<script>
function tategaki() {
	var new_win = window.open('tategaki.html');
}
</script>

【 tategaki.html 】

子ウインドウ「tategaki.html」で、自分自身を開いた親ウィンドウ「index-js.html」のデータを取得するのは簡単。「window.opener」を使えば、親ウィンドウのデータを参照できる。親ウィンドウ「tategaki.html」の<form>の各項目にidを付けておけば、以下のような感じで参照できる。

document.body.style.fontFamily = '"' + window.opener.document.getElementById("fontfamily").value + '",serif,sans-serif';
document.body.style.fontWeight = window.opener.document.getElementById("fontweight").value;
document.getElementById("honbun").style.lineHeight  = window.opener.document.getElementById("lineheight").value;
document.getElementById("title").innerHTML = window.opener.document.getElementById("title").value;
document.getElementById("subtitle").innerHTML = window.opener.document.getElementById("subtitle").value;
var honbun = window.opener.document.getElementById("honbun").value;
document.getElementById("honbun").innerHTML = honbun.replace(/\n/g, '<br>');

なお、今回、フォントの選択肢にGoogle Fonts「Noto Serif JP」「Noto Sans JP」を追加。

【 Noto Serif JP 印刷サンプル】

【 Noto Sans JP 印刷サンプル】

※ 印刷に関しては、ブラウザのバージョンによって、印刷が正常に行えない可能性あり。この記事を書いている時点では、Chromeが一番まともに印刷できる。