晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

「七工匠 7Artisans 18mm F6.3」を買って「α5100」に付けてみた。「GM1+LEICA 15mm/F1.7」と比較。神戸ハーバーランドで試し撮り。

七工匠 7Artisans 18mm F6.3」を買ってみた(税込8,190円)。35mm判換算焦点距離27mm相当。厚さ約10mmの超薄型ボディキャップレンズ。被写界深度が深くパンフォーカスレンズとして使う。

f:id:art2nd:20210208125055j:plain

SONY α5100」に付けてみた。設定で「レンズなしレリーズ」を「許可」にする必要がある。

f:id:art2nd:20210208125134j:plain

神戸ハーバーランドで試し撮りしてみた。

参考のため、持っているレンズで焦点距離が近い「LEICA 15mm/F1.7」(35mm判換算焦点距離30mm)でも撮影した。(本体は LUMIX DMC-GM1

焦点距離が少し違うし、カメラ本体のセンサーサイズもメーカーも違うので、厳密な比較にはならないが。絞りはF6.3に合わせた。

「α5100+七工匠 18mm F6.3 」は、「GM1+LEICA 15mm/F1.7」に比べてオートでは暗めに写る。周辺光量落ちと合わせて、レトロな雰囲気で味わい深い写真と言えなくもない。

実際に使う場合は、シャッタースピードを落とすか、プラス補正した方が良いかもしれない。

f:id:art2nd:20210208132947j:plain
f:id:art2nd:20210208133005j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7
f:id:art2nd:20210208133155j:plain
f:id:art2nd:20210208133206j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7
f:id:art2nd:20210208133232j:plain
f:id:art2nd:20210208133244j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7
f:id:art2nd:20210208133307j:plain
f:id:art2nd:20210208133315j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7
f:id:art2nd:20210208133333j:plain
f:id:art2nd:20210208133344j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7
f:id:art2nd:20210208133426j:plain
f:id:art2nd:20210208133436j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7

「α5100+七工匠 18mm F6.3 」は暗めに写るので、シャッター速度を1/2にして比較してみた。

f:id:art2nd:20210208133426j:plain
f:id:art2nd:20210208133512j:plain
(七工匠 18mm F6.3)1/500秒 | 1/250秒

下は、1/500秒の写真を、写真画像調整ソフト「SILKYPIX JPEG Photography 10」で「自動調整」してみた。

f:id:art2nd:20210208133426j:plain
f:id:art2nd:20210208153414j:plain
七工匠 18mm F6.3 | SILKYPIX 自動調整
f:id:art2nd:20210208133743j:plain
f:id:art2nd:20210208133752j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7
f:id:art2nd:20210208133819j:plain
f:id:art2nd:20210208133826j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7
f:id:art2nd:20210208133843j:plain
f:id:art2nd:20210208133849j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7
f:id:art2nd:20210208133907j:plain
f:id:art2nd:20210208133916j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7
f:id:art2nd:20210208133935j:plain
f:id:art2nd:20210208133942j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7
f:id:art2nd:20210208142141j:plain
f:id:art2nd:20210208142256j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7

パンフォーカスといっても、1メートル先ではピントが合わない。2メートル程度離れないとがピントが来ない。下の「α5100+七工匠 18mm F6.3」の写真では、中央の葉っぱにはピントが来ていない。

f:id:art2nd:20210208134108j:plain
f:id:art2nd:20210208134120j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 | GM1+LEICA 15mm/F1.7

以下の写真はいずれも、中央の花は近すぎて、ピントが合っていない。少し離れても、やはりピントが合っていない。対象物から2メートル程度離れないとピントが合わない。

f:id:art2nd:20210208134801j:plain
f:id:art2nd:20210208134805j:plain
α5100+七工匠 18mm F6.3 近接撮影