晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

姫路市自然観察の森。ヤマドリ(メス)、リュウキュウサンショウクイ、エナガ(成鳥団子?)、キクイタダキ、ルリビタキ、ヤマガラ、ジョウビタキ(実)、メジロ、コゲラ、シジュウカラ、シロハラ、ケリ。

2月10日。姫路市自然観察の森。余部駅から往復。6.2km、3時間40分。

野鳥、ヤマドリ(メス)、リュウキュウサンショウクイ、エナガ、キクイタダキ、ルリビタキ、ヤマガラ、ジョウビタキ、メジロ、コゲラ、シジュウカラ、シロハラ、ケリ。

【ヤマドリ(メス)】

ヤマドリは初めて。ヤマドリとキジのメスはよく似て識別が難しい。「日本の野鳥識別図鑑:鳥の名前質問コーナー」で確認させてもらった。ヤマドリ(メス)は、キジ(メス)に比べて、肩羽から雨覆の羽が規則正しく並んでいることと、尾羽が短いこと。

自然観察の森には亜種が3種類いるらしい。今回撮影できたのは、亜種ウスアカヤマドリらしい。

【リュウキュウサンショウクイ】

リュウキュウサンショウクイはかなり近くで撮れた。2羽いた。

【エナガ】

幼鳥でなく成鳥4羽が、エナガ団子のようにくっついて集まって木の実を食べていた。

【その他】

キクイタダキ

キクイタダキ

ルリビタキ

ルリビタキ

ルリビタキ

ヤマガラ

ヤマガラ

ヤマガラ

ヤマガラ

ジョウビタキ

ジョウビタキ

メジロ

コゲラ

シジュウカラ

シロハラ

ケリ

展望台まではかなりの急坂が続く。