晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

佐賀県「東よか干潟」。日本で最大級のシギ・チドリ観察地。

佐賀県にある「東よか干潟(大授搦)」。

春と秋の渡りのシーズン総数1万羽以上、20種類以上のシギ・チドリ類を一度に観察できる「シギ・チドリ類の聖地」。

鉄道で行く場合、佐賀駅から車で30分。近くを通るバス便もない。行きづらい。

東よか干潟:Googleマップ

※ 秋は、幼鳥と冬羽になりかけのシギ、チドリが多いので、識別が難しい。出来れば春の渡りのシーズンが向いている。

※ 何時でも観察できるわけではなく、海岸の近くで野鳥が観察できるのは、概ね潮位が5メートルを超える満潮時間の前後約1~2時間。

※ 満潮が午前中に来る時間帯を狙うことも大事。午後は逆光なので観察に不適。

上記リンクの「干潟の生き物図鑑|佐賀県ラムサール条約登録湿地 東よか干潟 肥前鹿島干潟」にある「潮見表」の「赤のハイライトになっている日時」を参考にしたい。

直近だと、以下の辺りがねらい目。

ZooPicker」の観察履歴「月ごとの探鳥数」を見ると9月が一番多いが、シギ・チドリ類の個別の履歴では5月後半が多い。