晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

GIMPプラグインスクリプトFX-Foundry「Cross processing effect...」で写真をレトロ調に加工してみる。

Photoshopには写真をおしゃれに加工できるアクションというものがあるらしい。

今回、WindowsフリーソフトGIMP」でプラグインスクリプトを使って写真をレトロ調に加工してみる。GIMPプラグインスクリプト「Cross processing effect...」を使った。以下からダウンロードする。

 ≪Cross Processing Effect script≫

画面の右上の(Download)をクリックすると、スクリプトファイル「death-cross-processing-effect.scm」がダウンロードされる。

f:id:art2nd:20200127202635j:plain

このスクリプトファイルを以下のフォルダーに入れる。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\GIMP\2.10\scripts

GIMPメニューでスクリプトを読み込む。

  • [フィルター] → [Script-Fu(S)[ → [スクリプトを再読み込み(R)]

メニュー画面に「FX-Foundry」が追加される。

f:id:art2nd:20200127204213j:plain

メニューから「Cross processing effect...」を実行するだけで写真をレトロっぽく加工できる。

  • [FX-Foundry] → [Photo] → [Effects] → [Cross processing effect...]

Overcast colorの色を変える事で雰囲気を変えることもできる。

f:id:art2nd:20200127203638j:plain

以下の写真を使って試してみた。

試したサンプルが以下。

f:id:art2nd:20200127203744j:plain
f:id:art2nd:20200127203749j:plain
f:id:art2nd:20200127203758j:plain
f:id:art2nd:20200127203801j:plain
f:id:art2nd:20200127203810j:plain
f:id:art2nd:20200127203813j:plain
f:id:art2nd:20200127203823j:plain
f:id:art2nd:20200127203827j:plain
f:id:art2nd:20200127203839j:plain
f:id:art2nd:20200127203843j:plain
f:id:art2nd:20200127203853j:plain
f:id:art2nd:20200127203857j:plain

スクリプトを実行する前にレイヤーダイアログを開いておくと、

  • [ドッキング可能なダイアログ] → [レイヤー]

下のように複数のレイヤーが表示される。オリジナル写真以外に3つのレイヤーを作って合成しているのが分かる。

f:id:art2nd:20200127210753j:plain

overlayのレイヤーを外してみると、渋めの色調になる。

f:id:art2nd:20200127214214j:plain

f:id:art2nd:20200127214303j:plain
f:id:art2nd:20200127214818j:plain
右がoverlayのレイヤーを外した画像

「death-cross-processing-effect.scm」はスクリプトファイルなのでテキストエディタで開いて自分好みに加工することも可能。

トーンカーブを使った方法は以下。