晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

FC2ブログからはてなブログへの引越しは簡単だった

以前からFC2で運用していた「中級プログラマの自宅でPHP ブログ」を、はてなブログに引っ越した。

移行方法は、以下の記事を参考にした。この記事に書いてある通り、とても簡単で何の問題もなくあっさり完了した。

このブログ「晴歩雨描」とは別に新規ブログを立てる必要がある。はてなブログでは、複数のアカウントを取得することは利用規約で禁止されているが、サブアカウントを作れるようになっていて、それを使えば、別のブログを作れる。

引っ越し先のブログは以下。

勝尾寺→箕面の滝

8月6日。勝尾寺箕面の滝
阪急北千里駅からバスで勝尾寺勝尾寺の裏から東海自然歩道を通って箕面の滝箕面の滝から阪急箕面駅まで。約8km。休憩時間を含んで3時間。

勝尾寺は境内のあちこちに小さなダルマ。

勝尾寺から箕面に向かうコースなら下り中心なのでそんなに暑くないのではと思って歩いたが、甘かった。勝尾寺から東海自然歩道までがかなりの登りで、東海自然歩道もアップダウンが多く、結構汗をかいた。箕面の滝周辺は若干気温が低い気がした。

→YAMAP地図

f:id:art2nd:20170807100210j:plain

f:id:art2nd:20170807095456j:plain

f:id:art2nd:20170807095009j:plain

f:id:art2nd:20170807095303j:plain

f:id:art2nd:20170807095026j:plain

広告を非表示にする

神戸「みなとこうべ海上花火大会」で酒の無料試飲ができる「カンパイKOBE」

今日8月5日、神戸の花火大会「みなとこうべ海上花火大会」がある。神戸開港150年を記念して、花火打ち上げ数がいつもの1.5倍の1万5000発になるらしい。

花火大会に合わせて開かれるイベント「カンパイKOBE」では、沢の鶴、菊正宗、日本盛、大関の日本酒の無料試飲がある。1人1杯とかの制限はないようなので、お替り可能(?)な太っ腹のイベント。商品を買うと抽選でおつまみがもらえたりする。

【追記】

「カンパイKOBE」に行ってきた。入口でウエットティッシュを配っていたし、日本酒以外に明治のチーズの試食、SANGARIAの天然水や炭酸水、ネスカフェのコーヒーも無料で飲めて、生バンドの演奏もあり、数に限りはあるが、椅子やテーブルもあり、無料とは思えない、至れり尽くせりのイベント。A Hundred Birds Orchestraの演奏も良かった。

f:id:art2nd:20170807091829j:plain

f:id:art2nd:20170807091843j:plain

f:id:art2nd:20170807091858j:plain

「8cm×12cmの小さなアート」作品追加(#286-#292)。謄写版(ガリ版)作品。

「8cm×12cmの小さなアート」に作品を7個(#286-#292)追加。全て、謄写版ガリ版)を使った作品。

#286~#289は、パソコンで濃い色を付けた紙にホルベイン水溶性油絵具Duoの白をガリ版で刷った。

#292は、バニッシャーと鉄筆での面製版を比較したもの。鉄筆の英語表現がStylusというのは間違っているかもしれない。ロウ紙上ではバニッシャーと鉄筆は同じように白く見えていたが、刷ってみるとかなり違う。やはりバニッシャーのこすり方(削り方)が甘い。
《8cm×12cmの小さなアート》

https://ok2nd.sakura.ne.jp/art/?p=8

https://ok2nd.sakura.ne.jp/art/?p=9

謄写版ガリ版)キット購入時の話は以下。

f:id:art2nd:20170803153854g:plain

作品づくりに使っている紙「ペセソレイユ」「白樺」「甍」

8cm×12cmの小さなアート」の作品づくりに使っている紙。

メインで使っているのは、銅版画用のペセソレイユ(250g)。ハーネミューレなどより表面の凹凸が少なく滑らかで、色鉛筆、水彩、ペンなど色々な画材で使いやすい。
銅版画用紙は全紙で売っているところが多いが、画材販売.jpでは8等分にカットしてくれる。別途断裁料を支払えば、16等分にしてくれる。16等分にすると、14cm×19cmになり、私の作品づくりにちょうど良い。

● ペセソレイユ(版画用紙) <250g>

f:id:art2nd:20170730103203j:plain

 木版画で使っているのは、白樺と甍(いらか)。

● SG版画用和紙 白樺 八切50枚

● 版画和紙 甍(いらか) 8切判