晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

コンパクトな超広角レンズを改めて探してみた。

先日、「コンパクトな超広角カメラが欲しい」と書いた。

フルサイズも含めて、超広角レンズを改めて調べてみたら、ソニーのフルサイズ Eマウント用に、「タムロン 20mm F/2.8 Di III OSD M1:2」というレンズが今年1月30日に出ているのを知った。最短撮影距離が11cm、最大撮影倍率1:2というほとんどマクロと言ってよいレベル。フルサイズ用なのに220gと軽い。重さの割にはデカい印象だが。

f:id:art2nd:20200706100251j:plain

カメラ本体はソニー APS-CLUMIX マイクロフォーサーズしか持っていない。フルサイズは本体が大きく重いので、今のところ購入予定はないが、フルサイズ用Eマウントには他にも「SAMYANG AF 18mm F2.8 FE」(重さが145g)と軽い単焦点レンズがある。どちらもAF対応。どちらのレンズも比較的リーズナブル。

f:id:art2nd:20200706100324j:plain

APS-Cだが、キヤノンからは沈胴式の「EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM」という小さくて軽くリーズナブルなレンズが出ている。最短撮影距離が0.15m、最大撮影倍率0.3倍と魅力的。

f:id:art2nd:20200706100338j:plain

マイクロフォーサーズで同じく沈胴式の「オリンパス 9-18mm F4.0-5.6」があるが、最短撮影距離が0.25mと長め。

f:id:art2nd:20200706100352j:plain

APS-C Eマウント用またはマイクロフォーサーズ用の最短撮影距離が短いレンズが出てきて欲しい。

タムロンが「20mm F/2.8 Di III OSD M1:2」のAPS-C版を作ってくれないかと思う。それともソニーが、Sigma fp並みに小さいフルサイズ本体を出してくれるとか。

メーカー
レンズ
撮像素子 35mm判換算焦点距離 最短撮影距離 最大撮影倍率 重量 最大径x長さ ヨドバシ価格
2020.7.6
備考
ソニー
FE 20mm F1.8 G SEL20F18G
フル 20 mm 0.19 m 0.2 倍 373 g 73.5x84.7 mm 127,900円  
タムロン
20mm F/2.8 Di III OSD M1:2 [ソニー用]
フル 20 mm 0.11 m 1:2 倍 220 g 73x64 mm 41,800円  
SAMYANG
AF 18mm F2.8 FE [ソニー用]
フル 18 mm 0.25 m 0.09 倍 145 g 63.5x60.5 mm 49,940円  
ソニー
E 10-18mm F4 OSS
APS-C 15-27 mm 0.25 m 0.1 倍 225 g 70x63.5 mm 83,400円  
ソニー
E 16mm F2.8+VCL-ECU2
APS-C 18 mm 0.24 m+α   192 g(合計) 66x66.5 mm(合計) 25,090+14,820円  
SAMYANG
12mm F2.0 [ソニー用]
APS-C 18 mm 0.2 m   245 g 72.5x59.1 mm 42,370円 MF
七工匠
7artisans 12mm F2.8 [ソニーE用]
APS-C 18 mm 0.2 m   290 g 63x67 mm 22,000円 MF
キヤノン
EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM
APS-C 18-35 mm 0.15 m 0.3 倍 220 g 60.9x58.2 mm 46,600円 沈胴式
オリンパス DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 m4/3 18-36 mm 0.25 m 0.1 倍 155 g 56.5x49.5 mm 62,480円 沈胴式
LAOWA
7.5mm F2 MFT
m4/3 15 mm 0.12 m 0.11 倍 170 g 50x55 mm 72,320円 MF

↓ 結局、Canon EOS M200+EF-M11-22mm F4-5.6を購入。