晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

GIMPのトーンカーブで写真をレトロっぽくする。

先日、GIMPプラグインスクリプト「Cross processing effect...」を使って、写真をレトロ風にしてみた。

以下、左がオリジナル写真。右が「Cross processing effect...」で加工した写真。

f:id:art2nd:20200127203744j:plain
f:id:art2nd:20200127203749j:plain

今回、GIMPトーンカーブを使って、レトロっぽい写真にしてみる。

Photoshopトーンカーブを使った以下のページを参考にした。

GIMPのメニューで、

を選ぶ。

チャンネル「赤」を選択し、図のように調整。

f:id:art2nd:20200229143232j:plain

チャンネル「緑」を選択し、図のように調整。

f:id:art2nd:20200229143235j:plain

チャンネル「青」を選択し、図のように調整。

f:id:art2nd:20200229143237j:plain

レトロっぽい仕上がりになった。

f:id:art2nd:20200229141616j:plain

さらに、トーンカーブのチャンネル「明度」で、以下のように明度を上げてみる。

f:id:art2nd:20200229143804j:plain

やわらかい感じになった。

f:id:art2nd:20200229141841j:plain

トーンカーブのチャンネル「明度」で、以下のように明度を下げてみる。

f:id:art2nd:20200229143815j:plain

しっとりと落ち着いた感じになった。

f:id:art2nd:20200229141949j:plain