晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

神戸六甲山系)トゥエンティクロス土砂崩れ被害状況

10月末に神戸森林植物園からトゥエンティクロス経由で新神戸まで歩くつもりだったが、途中土砂崩れ(崖崩れ)箇所があるとの事で断念したが、そろそろ回復しているのではと思ってネットで調べてみたら、まだ回復できていないだけでなく、思っていたよりかなりひどい被害である事が分かった。

※ 下の地図は現時点のもの。最新の状況は神戸市のホームページ等を参照の事。

f:id:art2nd:20181217234805j:plain

主に、今年の6月28日から7月8日にかけての西日本豪雨によるものらしい。その後の台風20号、21号などで被害が大きくなったのではないかと推測される。

六甲山系の山歩きコースとしてはかなりメインのコースがこんなひどい状況になるとは驚き。今年は、大阪、京都、滋賀など関西一円で、台風21号で大木が倒れているところをよく見た。登山道や公園で通行止めや立ち入り禁止になったところも多い。

台風21号と言えば、昨年2017年の台風21号でも六甲山は被害を受けた。

ネット上にあったトゥエンティクロスの被害状況の写真をコピーして載せさせてもらう。写真を転載させてもらうWebページは以下。いずれも11月下旬の状況。

f:id:art2nd:20181217223127j:plain

f:id:art2nd:20181217223132j:plain

f:id:art2nd:20181217223136j:plain

f:id:art2nd:20181217223139j:plain

f:id:art2nd:20181217223142j:plain

f:id:art2nd:20181217223145j:plain