晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

北海道ひだか町「二十間道路桜並木」

5月8日。北海道ひだか町の二十間道路桜並木。ひだか町の日中気温8度。曇り空で、かなり寒い。

二十間道路桜並木は、日本一の桜並木と言われている。約3,000本の桜が直線7kmに渡って咲いている。

桜は、残念ながら見頃のピークをかなり過ぎていた。

事前にウェザーニュース「さくらCh.」で、開花状況をチェックしていたが、開花が予想よりもどんどん早まり、4月29日開花、5月2日満開、5月5日散り始め、5月8日葉桜という状況。7割がエゾヤマザクラという種類で、開花から満開までが2日。満開から3日で散り始めということで、開花期間がやたらと短い。

ただ、違う種類の桜も混じっていて、まだ咲いている桜や赤っぽい葉桜の色なども混じって、桜並木の雰囲気は楽しめた。

行く途中には、むかわ町の「たんぽぽ公園」、帰りは、新冠町の「サラブレッド銀座駐車公園」や苫小牧市の「ノーザンホースパーク」などに寄った。

f:id:art2nd:20180511151746j:plain

f:id:art2nd:20180511151749j:plain

f:id:art2nd:20180511151752j:plain

f:id:art2nd:20180511151756j:plain

f:id:art2nd:20180511151759j:plain

f:id:art2nd:20180511151818j:plain

f:id:art2nd:20180511151848j:plain

f:id:art2nd:20180511151855j:plain

f:id:art2nd:20180511151901j:plain

f:id:art2nd:20180511151916j:plain