晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

コンピュータ・Windows・スマホ

検索機能付き「はてなブログ記事一覧」HTML生成スクリプト(JScript)を作成。

先日、はてなブログのHTMLサイトマップ(はてなブログ記事一覧)を生成するスクリプト(JScript)を作成した。 これは、Googleクローラーに読み込んでもらうのが目的だったが、今回は人間が利用するための「はてなブログ記事一覧」HTMLの生成スクリプト(JScrip…

「Google Search Console」のサイトマップ登録の進展がないので、はてなブログのHTMLサイトマップを生成するスクリプト(JScript)を作成した。

先日、「Google Search Console」で、はてなブログのサイトマップ(「sitemap.xml」、「sitemap.xml?page=???」)を登録したが、いくつかが「取得できませんでした」のエラー状態のまま進展がない。 そこで、はてなブログのHTMLサイトマップを作ってみる。 ※…

写真をビビッドに加工する。彩度調整をWindowsアプリ「GIMP」と「JTrim」で試してみる。

写真をビビッドに加工するのにとりあえず手っ取り早いのは、彩度を上げること。 彩度調整をWindowsアプリ「JTrim」と「GIMP」で試してみた。GIMPでは彩度調整のパラメーターが複数ある。 検証のため、彩度をかなり大幅にアップさせてみた。 ※ 英語で彩度は「…

TG-5+フィッシュアイコンバーターFCON-T01+魚眼補正アプリuonomeと、TG-5+ロワジャパン0.7倍ワイコンを比較。

↑ 昨日、魚眼レンズで撮った写真の歪みを補正するWindowsアプリ「uonome」を、OLYMPUS Tough TG-5+フィッシュアイコンバーターFCON-T01の写真で試してみた。 今回、TG-5+ロワジャパン0.7倍ワイコンの写真と比較してみた。 比較写真は、以下のものを利用。 …

魚眼レンズで撮った写真の歪みを補正するWindowsアプリ「uonome」を試してみた。

魚眼レンズで撮った写真は歪みが面白い。 だが、歪みの無い超広角写真が欲しい時もある。そういうレンズもあるが、レンズを揃えるとなると金もかかるし、レンズ交換も面倒くさい。 そこで、魚眼レンズで撮った写真を、歪みのない超広角写真に変換するアプリ…

スマホ ASUS ZenFone Max Pro (M2) 購入。HUAWEI P10 Plusと比較。

HUAWEI P10 Plusの液晶が壊れたので、スマホを購入し直した。 今の状況ではファーウェイは買いづらい。SIMフリーで探すと、ASUSかGoogleぐらいしか購入意欲が湧かない。 リアル店舗で購入できるものに限定するとASUSしかない。購入候補に挙がったのは以下の2…

WindowsアプリGIMPで、写真のゆがみを補正する。

Windowsアプリ「GIMP 2.10」で、写真の歪みを補正する。 例えば、以下のような歪んだ写真を補正する。 操作は簡単。 メニュー[変形ツール] → [遠近法] を使う。 写真の四隅をマウスでつかんで、補正する方向にドラッグするだけ。合わせてトリミングもできる。…

Google翻訳より精度が高いと評判の「みらい翻訳」のお試し翻訳を試してみた。

「みらい翻訳」が、Google翻訳より精度が高いと評判。現在「お試し翻訳」が無料で使えるので試してみた。 Wikipediaの「Vincent_van_Gogh」の説明文の最初を翻訳してみた。Google翻訳よりも、明らかに自然で分かりやすい日本語。 ≪Wikipedia原文≫ Vincent Wi…

Android)Operaブラウザで、YouTube音楽を画面オフ(バックグラウンド)で再生。ループ再生も簡単。

YouTube音楽などを聞くために、Androidタブレット「HUAWEI MediaPad T5」を購入。 しかし、YouTube音楽は、YouTubeアプリで標準ではバックグラウンド再生できない。YouTubeアプリでYouTube音楽をバックグラウンド再生するためには有料のYouTubeプレミアムに…

YouTube音楽などを聞くために、DAP(digital audio player)として「HUAWEI MediaPad T5」を購入。

室内で、ダウンロードミュージック(MP4,MP3)やWi-Fi経由でYouTube音楽などを聞くためのデジタルオーディオプレーヤー(DAP)を探してみた。iPod touchなら可能だが、単体では音量が小さく別途スピーカーが必要。 10.1インチタブレット「HUAWEI MediaPad T5…

はてなブログを記事一覧に簡単に切り替える方法。ブックマークレットを使う。

先ほど「はてなブログを記事一覧で見る方法」という記事を書いたが、 毎回URLに「/archive」を付けるのが面倒な場合、マウスのワンクリックで切り替えができるようにする方法。 ブックマークレットという機能を使う。ブックマークレットとはブックマークバー…

過去の桜の写真を、Windowsアプリ「ImageMagick」のヒストグラム平坦化で明るい感じにしてみた。

過去の桜の写真を、Windowsアプリ「ImageMagick」のヒストグラム平坦化(equalize)で明るい感じにしてみた。 Windowsアプリ「ImageMagick」の使い方は以下を参照。 オリジナル写真:長野県)勝間薬師堂のしだれ桜 ヒストグラム平坦化写真:長野県)勝間薬師…

WindowsアプリGIMPで、写真の色味を変えてみた。(カラーバランス調整)

Windows アプリ「GIMP 2.10」で、写真の色味を変えてみた。 メニュー[色] → [Color Balance] を使う。シアン、マゼンダ、イエローの3つのスライドバーでカラーバランスを調整するだけ。シンプル。分かりやすい。 写真によっては、おしゃれっぽくなる。 調整…

WindowsアプリGIMPを使って、写真2枚を重ねたイメージの作成を試した。

先日、CSSのブレンドモード"background-blend-mode"を使って、写真2枚を重ねたイメージの作成を試した。 今回、WindowsアプリGIMPを使って、写真2枚を重ねたイメージの作成を試した。 【オリジナル画像】 【手順概略】 テクスチャ画像(texture1)をドラッグ…

Windowsアプリ「ImageMagick」で写真のヒストグラム平坦化(equalize)を試してみた。

撮った写真をもう少し明るく鮮やかな印象にしたい場合、画像処理ソフトを使って明度やコントラストを補正することで可能だが、補正の程度の調整が結構面倒。 ヒストグラムの平坦化で簡単に補正できる場合がある。(あくまでも、「できる場合がある」で、いつ…

Androidアプリ「万華鏡 カメラ アプリ 無料」を試してみた。

以前、風景万華鏡をスマホにくっつけて撮影というのをやってみた。 今回、風景万華鏡と同じような画像がつくれるAndroidスマホアプリ「万華鏡 カメラ アプリ 無料」を試してみた。 風景万華鏡と遜色ない画像が得られることがわかった。スマホのカメラに映る…

備忘録:Windowsパソコンに入れているアプリケーションソフト

Windowsパソコンに入れている主なアプリケーション・フリーソフトの一覧。再インストール時のための備忘録として。 ■ 写真・画像関連 FastStone Image Viewer:画像表示 JTrim:画像編集・加工 GIMP 2:画像編集・加工(アート加工) FotoSketcher:画像編集…

WindowsアプリGIMPで、写真のビネット効果(周辺減光補正)を試してみた。

Windows アプリ「GIMP 2.10」で、写真のビネット効果加工を試してみた。ビネット効果とは、写真の四隅周辺の光量を落として、昔のレンズで撮ったような味わいの雰囲気にすること。写真中央部が相対的に明るくなり視線が中央に集まって強調される。 メニュー[…

写真から輪郭抽出した画像にAdobe Photoshop Sketchの水彩ブラシで色を付けてみた。

写真から輪郭抽出した画像に、スマホ/iPadアプリAdobe Photoshop Sketchの水彩ブラシで色を付けてみた。 写真からの輪郭抽出については以下のページに。 WindowsアプリFotoSketcher のパラメーター「インク・ペンスケッチ2」で明暗MAXに調整したものを使用。…

写真から輪郭抽出。アプリ「Adobe Capture CC」「FotoSketcher」「GIMP」...を試してみた。

写真から輪郭抽出に使えそうなソフトをいくつか試してみた。 iPad アプリ「Adobe Capture CC」 https://itunes.apple.com/jp/app/adobe-capture-cc/id1040200189?mt=8 Windows アプリ「輪郭抽出器」 http://kusamura.la.coocan.jp/tools.html#rinkaku Window…

モノクロ人物絵画調写真を銅版画用紙で印刷したら、いい感じになった。

「FotoSketcher」でモノクロ人物写真(オードリーヘプバーン)を絵画調「ペイント3(メディアン&バイラテラル・フィルタ)」にしたものを、 銅版画用紙「ペセソレイユ」で印刷したら、いい感じになった。 用紙サイズは9.5cm×14cmで、プリンターの設定はフォ…

アワガミインクジェットペーパー(AIJP)で水彩画を印刷してみる。

先日、水彩画をインクジェットプリンターで印刷してみた。銅版画用紙や和紙に印刷してみたが、インクジェットプリンター対応マット紙等に比べて色がくすんだ感じになった。ただ、通常のインクジェットプリンター対応マット紙では水彩画の雰囲気が失われる。 …

iPad miniとお絵描きアプリ「Adobe Photoshop Sketch」と百均のディスクタイプタッチペンで水彩画を描いてみる。

お絵描きアプリ「Adobe Photoshop Sketch」が評判が良さそうなので、試してみる。 お絵描きアプリで絵を描くためにはタッチペンが必要(指で描けなくもないが難しい)。タッチペンではApple Pencilが評判が良い。我が家にはAppleの端末はiPad mini 2しかない…

モノクロ人物写真(オードリーヘプバーン)を「FotoSketcher」で絵画調に。

写真を絵画調にするWindowsアプリ「FotoSketcher」を、モノクロ人物写真で試してみた。 オードリーヘプバーンの写真で試してみた。写真は以下のサイトのMark Shawの写真。 上記写真を一部トリミングして、解像度1666x1280で検証。完全なモノクロではないので…

水彩画をインクジェットプリンターで印刷してみる。

Windowsアプリ「FotoSketcher」を使って、写真を水彩画風に加工できる。 これをプリンターできれいに水彩画っぽく印刷できるのかを試してみた。 前回「FotoSketcher」で水彩画風にした画像は768x1024で印刷するには解像度が足りないので、今回は解像度を上げ…

「FotoSketcher」の水彩画のパラメーターの値を変えて試してみた(続き)。

↑ の続き。 写真を絵画調にするWindowsアプリ「FotoSketcher」の「ペイント5(水彩画)」で、「イメージの単純化」と「色の強さ」を強めにして、いくつかの写真で試してみた。イメージの単純化:100、色の強さ:80で検証。写真の解像度は768x1024。 【2018/4…

「FotoSketcher」の水彩画のパラメーターの値を変えて試してみた。

写真を絵画調にするWindowsアプリ「FotoSketcher」のパラメーター値を変えるとどうなるかを試してみた。「ペイント5(水彩画)」のパラメーターそれぞれをMAX値にしたらどうなるのか試してみた。写真の解像度は600x800。 オリジナル写真 ペイント5 (水彩画)…

パナソニックのデジカメ写真のEXIFから、フォトスタイル、クリエイティブコントロール情報を抜き出して、画像ファイル名にEXIF情報を付け足す。(ExifTool/JScript)

先日、ソニーのデジカメ写真のEXIFから、クリエイティブスタイル、ピクチャーエフェクト情報を抜き出して、画像ファイル名にEXIF情報を付け足すJScriptを作成した。 今回、パナソニックのデジカメ写真のEXIFから、フォトスタイル、クリエイティブコントロー…

自分で撮った写真で卓上型カレンダーをつくってみた。

先日、自分で撮った写真で2019年カレンダーをつくってみた。 今回、自分で撮った写真で卓上型カレンダーをつくってみた。片面6か月で両面で1年タイプのカレンダー。家庭のプリンターでA4サイズで印刷して半分に折って使う。 【事前準備】 PDF結合・分割ソフ…

自分で撮った写真で2019年カレンダーをつくってみた。

主に今年1年で撮った写真を使って、2019年のカレンダーを作ってみた。 A3サイズのPDFを作成してコピーショップに持ち込んで厚紙に印刷。1,620円。満足できる仕上がり。 以下、作成手順備忘録。 【事前準備】 PDF変換・作成ソフト 「CubePDF」と、PDF結合・分…