晴歩雨描

晴れた日は外に出て歩き、雨の日は部屋で絵を描く

三室戸寺のハス

6月25日、京都宇治の三室戸寺に行ってきた。あじさいが見頃だったが、ハスも見頃を迎えていた。

ハスの花の真ん中にある部分を花托と言うらしいが、ここが黄色や緑になっていて、ハスの花びらの白やピンクとあわさってカラフルに。実になる花托の部分が蜂の巣に似ていることから、ハチス→ハスになったとか?この花托の穴が空いているように見える部分に実ができるらしい。この実は食用になり、あまり甘くない栗のような味がする。

f:id:art2nd:20160627145634j:plain

広告を非表示にする